FC2ブログ

ジャンプを斜めと正面から見るブログ

※コメントは火曜日深夜に返します。※週刊少年ジャンプの掲載順バレ・打ち切り戦線考察、掲載順データなどを取り上げてます。内容バレは取扱いません。

ジャンプ2013年19号感想

速報を書かないと感想を書く気力が湧かなくなってきました。困った困った。









●暗殺教室

いかにも怪しい奴が出て来ました。松井作品でこういう顔は、大体胡散臭いと相場が決まっています。
烏間が自衛隊時代と違うのは環境が違うからで、まさか防衛省は中学生相手にも鬼教官役でも求めたんでしょうかね。無理だ。
あとは鷹岡がどう異常者かですが…異常者を殺せんせーが認める訳がありませんが。



●黒子のバスケ

虹村がかなり頼りになり、赤司が現時点で比べれば非常に普通の中学生、灰崎は相変わらずと色々と人間模様が見えています。
黒子の鼻血のシーンの転け方が綺麗過ぎて笑えましたが、初試合に空回りするのは当然じゃないでしょうか。マトモなゲーム方式の練習もしてないでしょうし。
その分コーチの冷たさが目立ちますが、青峰か虹村が思いとどまらせるんですかね。



●ONE PIECE

チンジャオファミリーはなかなか面白い奴ですが、あとは何だか雑魚臭がします。あと、ベラミー生きてたんですね。
他にキャベンディッシュ、レベッカとそれなりに裏やエピソードがありそうなのも出て来ましたが、何よりバージェス参戦が意外でした。
メラメラの実を変に渡すとバランスが崩れますからドフラミンゴが斡旋したとは思いにくく、独自に来たんでしょうか。噛ませにはならないでしょうし…。



●ジェダの通学路

これまた語りにくい…。エピソードは特に無く、ファンタジー世界の通学を描いただけという…。
やはり読み切りという形式ではページ数が少な過ぎるのでしょうか。それにしても、もう少し何か読み応えが欲しかったです。



●食戟のソーマ

まあ、予想通り。とは言え卵の素や、おかき揚げが日本料理にちゃんとある事など、興味を引く知識はちゃんと散りばめてましたが。
どちらかと言えば来週、勝負の行方をどうするかが気になります。引き分けが妥当ですが、それをどうありきたりにし過ぎないか…。



●べるぜバブ

男鹿の言う通り誰かの力を借りてるんでしょうが、誰なのかは気に…多分コマじゃないですかね。紋章が表れるのは、当然の流れ。
それよりは、寧々達が伸されちゃってるのがどうも。彼女達も多少鍛えた筈で、またぞろ紋章の力を…じゃない限りはしっくり来ないです。



●ワールドトリガー

成る程、引きずり降ろせばバレない訳ですね。ベタですが、正しい落とし所でもあります。
そして迅が出て来ました。読み切りから知る人はニヤリ、1話の冒頭を覚えている人はようやくと言う感じでしょう。
しかしS級か…木虎の上がいたのはいいですが、それならやっぱり木虎がB、最上位がAで良かったような。
お陰で、嵐山のAもショボく感じます。



●NARUTO

一気に進みました。回想の冒頭の戦いは、完全な終盤だったんですね。
この場合はマダラが柱間を信じられなかったのが悪い感じで、イタチ云々や現在のうちは云々に比べれば、そこまで「里」に落ち度があったようにも思い辛いです。
で、次に語るのは二代目でしょうかね。まだまだ続きそう。



●ニセコイ

お互いに隠し合い、渡し合い、一見引き分けです。でも想いの微妙な伝わり方って点では、微妙に勇気を出した小野寺に軍配が上がりそうです。
結果ヒロインそれぞれがそれぞれなりに渡せた訳で、良いエピソードだったと思います。マリーは少し自重しないと楽が死にそうですが。



●ハイキュー!!

スポーツ漫画してますねえ。各キャラが光っていて、チームの雰囲気空気がしっかりと伝わってきます。
縁下のアドバイスが影山に確実に届いていますし、何より対及川サーブのシーンは戦略面、プレイヤー面、対峙の緊迫感、プレイの重さがビシビシと描かれていました。
黒子と違いプレイプレイがセット毎プレイ毎に切り分けられている強みを、しっかりと生かせていますね。



●BLEACH

真咲強っ!こうなると、何故あんな奴程度に殺されたのかが果てしなく謎です。例えば、子供を産んだら力が著しく落ちるとかあるんですかね。
しかしこのままだと、一心が現世に留まるまではいかないような。藍染がまだ何かするんですかね。



●斉木楠雄のΨ難

元妻が燃堂似なのは予想してましたが、母親が元妻か…性格は悪くないみたいですが、選べよ。
切断を回避する13の方法も気になりますが、燃堂切断を回避する4の方法はより気になります。あと人間はそんなに伸びない。
蝶野は今後も出て来るでしょうが、緑も今後出て来ると。イケさん同様いいキャラですがね。



●SKET DANCE

得意のチューさん回だったんですが、個人的には愉快さが薄かったかなあという感じです。
大人になったりボッスンが見る見るうちに老けていくのは面白かったですが、多分大人の二人が想像と違ったせいかも知れません。
しかしスイッチ、髪伸びただけなんだから落ち着け。



●銀魂

うーん、流石に銀さん…はまだしも真選組が頼りなさ過ぎやしませんかね。男共が強いのは、まあ納得。
ただこの展開は予想外で、いつもの皆が皆取り残されるとは。
結局は治るんでしょうが、その過程でどう盛り上げてくれるんでしょう。特に、九ちゃんの気持ちの落とし所が。



●こちら葛飾区亀有公園前派出所

さり気なく残念が凄過ぎます。計3種類も新品種を作り上げるとか、こんな時の両さんのパートナーとして最適です。
あと、両さんが逃げ切るパターンはちょっと珍しいかも。ちゃんと研究資金は返してますし、追い掛けられる理由は無かったりしますし。



●HUNGRY JOKER

一言で言えば格好良い!やはりこの作者、決めゴマの描き方や使い方が非常に上手いです。
更に台詞回しが秀逸で、この作品の中でも一番良かったかも知れません。パートナーの力を借りての主人公のパワーアップ、やはり良いですね。
それにしても任意性があるブラックホールとは、ぶっ飛び級のレベルアップです。任意ワープ持ちを倒すんですから、当然っちゃ当然必然ですが。



●恋するエジソン

今回は今までの中で一番マシだったと思います。下ネタもさして濃くなく、スピカと秤のライバル関係や明星の寮長らしさも出ていて話としてちゃんとしていました。
2話構成も前夜と当日で上手く生かされていましたし、今更ながらコツを掴んだんなら良い事です。…来週元通りとか、充分有り得そうですが。



●めだかボックス

やはり雑なキャラの扱いが続きましたが、旧生徒会面子すら一纏めってのは流石に酷過ぎるように思いました。
一方で鍋島は単独で登場と、本当に何とかならなかったんでしょうか。
或いは、何とかならないくらいに時間が無いのか…それにしても楽しめない進め方です。



●クロス・マネジ

失敗続き、練習を重ねている所から完成、成功と作りとして良い流れから当日を迎えました。松夢市はまあ、当然のように撃破と。
そして蝶蘭戦なんですが、作風からしてミラクル起こせても勝てるとは思えません。なので試合中のドラマをどう見せてくれるか…。
詳細な試合描写は今まで無かったですが、流石に楽しみにしたいです。



●新米婦警キルコさん

大変正直な意見ですが、この作者に心の折り合い、自首を納得いく形で認めさせるって流れを描ける気はしません。
なので随分とハードルを上げたものだなってのが、改めての印象。実際見ないと分かりませんが。
で、双子は勝てませんよね、やっぱり。









もっと早く書きたい。
スポンサーサイト



  1. 2013/04/11(木) 19:12:14|
  2. ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<解説・ジャンプ2013年20号掲載順 | ホーム | ジャンプ2013年20号掲載順速報>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurokonobasukeaonoao.blog.fc2.com/tb.php/81-379347fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)