fc2ブログ

ジャンプを斜めと正面から見るブログ

※週刊少年ジャンプの掲載順バレ・打ち切り戦線考察、掲載順データなどを取り上げてます。内容バレは取扱いません。

ルリドラゴン再開&プラットホーム移行

別記事にて皆様書かれていますが、ルリドラゴンについての続報が来ました。

ジャンプ本誌に14号から7話~11話までを掲載後、デジタル版ジャンプ及びジャンププラスに隔週連載に移行となります。

本誌での隔週ではなくデジタル版のみでの隔週というのは異例の措置ですが、デジタルであれば紙よりもより遅い段階で掲載休載の判断が可能なので、その辺りを考慮しているのでしょう。

再開を待たれていた方は沢山いると思います。まずは帰って来たことを喜びましょう。
そしてこの措置ですので再開後も頻繁に休まれる可能性も十分にあります。それを念頭に置いて鷹揚に構えて作品を楽しみましょう。



打ち切りレースには直接関係するかは、かなり微妙です。
と言うのもページ数は19ページでしょうから突発的に分厚くしてもいいですし休載回しも可能でしょうから、打ち切り候補の展開を考えてもルリドラゴン用に何かを空けるようには思えません。
ただルリドラゴン移行を実質outの第一弾と捉え、そこから改編スタートというのは結構有り得る話だと思います。
……今年の合併号、20・21なのか21・22なのか21・22なのか22・23なのかどっちでしょうね。カレンダー見てもどっちにも出来るように見えるんですが。







スポンサーサイト



  1. 2024/02/21(水) 18:22:22|
  2. 掲載順や感想以外の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
<<ジャンプ2024年13号掲載順&平均 | ホーム | ジャンプ2024年12号掲載順&平均>>

コメント

ワートリほど長くこそなかったものの、やっとですね。この措置は正直予想の範疇でした。今のワートリも割とよく休まれてますし、先生の健康が第一ということで考えましょう。
移籍に合わせて改編とするともうoutは決まってるか来週には決まることになりますが、どうなんでしょう。そして今期円満がありうるとされてるヒロアカではありますが、流石にあと6〜7週で終わるとは思えないです…
  1. 2024/02/21(水) 18:28:09 |
  2. URL |
  3. djkoh #-
  4. [ 編集 ]

個人的にこの色々と異色、異例続きだったこの作品が、本誌でどこまで通用するのかがとても興味深かったので、移動は正直残念です。編集部的も切るのではなく、守る方向になったのかな、と思いました。やはりそれ程の人気と話題だったのですかね。まぁ、話題の方は異例の休載が引っ張っていった気がしますが…
  1. 2024/02/21(水) 18:39:31 |
  2. URL |
  3. 脱落王 #-
  4. [ 編集 ]

ルリドラゴン再開してほっとしました😄
これを機会に原作読んでみたいです。
  1. 2024/02/21(水) 19:11:20 |
  2. URL |
  3. かんなび #-
  4. [ 編集 ]

デジタル版のみ、だと合併号の表紙絵や巻頭カラー等紙版ジャンプとはどう折り合いつけるのか気になります。
変な話今後Cカラーは描かないとしても、合併号の表紙は描かざる得ないとは思うので、紙版は除外で電子版のみに映るのでしょうか・・・?また、『現時点のポテンシャル』ではアニメ化も可能だと思いますが発表の際も表紙は与えない感じでしょうか?(アニメ化問わず表紙になったら紙版もそうなるハズで、でも載ってないという詐欺?状態)
  1. 2024/02/21(水) 19:21:01 |
  2. URL |
  3. あの日の四角形 #-
  4. [ 編集 ]

専用記事が出ると思い待っておりました。まずは眞藤先生、復帰おめでとうございます。正直連載再開してもジャンププラスだと思っていたので、デジタル版だけとはいえ本誌でも読めるのは完全に予想外でした。隔週連載とのことで、アンケを入れられない、本誌では短期連載などのように一番後ろに配置されるのかなと考えています。
気になる本誌のレースですが、私も桐嶋さんと同じく、ルリドラゴンの復帰は増枠で対応すると思っています。一番切られそうなツーオンも話の展開的には終わりそうにないですし(終わるための準備はしていそうですが)、この感じだと例年通り3月末~4月上旬あたりに改編がくる形になりそうだなと感じております。
  1. 2024/02/21(水) 19:44:46 |
  2. URL |
  3. さとう #-
  4. [ 編集 ]

これによりルリドラゴンが再開と同時に、事実上のOUT確定で、2016年以来の休載0に。

今後はワンピと呪術の休載ローテに組まれる見込みと考えた方がいいかもな。ヒロアカは間もなく完結しそうだしな。
  1. 2024/02/21(水) 20:13:14 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

戻ってこないものと思っていた分再開は可能そうで何より
とすると春新連載は19号開始でしょうか

ただGW合併号は原則21・22か22・23です
20・21は2011年に番号がずれた時にのみ起こりました
  1. 2024/02/21(水) 21:25:11 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

再開してもらえるだけでもありがたい
感謝や
  1. 2024/02/21(水) 21:28:15 |
  2. URL |
  3. こうたろう #-
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2024/02/22(木) 01:51:03 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2024/02/22(木) 01:55:09 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

別記事にも書いたのに何回もすみません、そして人によってはどーでもいいことかもしれませんが…。

今回は「移籍」ではなく「移行」ということを強調したいですね。桐嶋さんがしっかり「移行」と書いていたことにとても感銘を受けたので、賛同の意を示すために敢えて書かせて頂きました。

この対応がどういう経緯かわかりませんが、先生が本誌連載にかなりこだわりがあったのかな…と勝手に推測しています。

それと、別記事でワートリとの比較を書きましたが、移籍作品と比較するのはどうなのかな、と後で思いました。失礼しました。
  1. 2024/02/22(木) 07:21:37 |
  2. URL |
  3. とこなみ #-
  4. [ 編集 ]

再開してくれならそれでいい!!嬉しい!!もう連載しないんじゃないかって諦めてたから!!本当に嬉しい!!
  1. 2024/02/22(木) 13:27:40 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

様々な意味で「異例」尽くしのルリドラゴン、連載再開の手はずまで異例とは。ここまでして原作者を守るところに、計り知れない可能性を期待しているのでしょうか。

蛇足ですが、本件は台湾版ジャンプ「宝島少年」でも公式Facebookで即日発表という、これまた異例の措置。そもそも、新人作家なのに海外版にも即連載、コミックスも翻訳版が発刊されているのも異例中の異例(台湾版でも先週号まで「休載中」と表記されていました)。
集英社、本気でこの作品を世界展開させるつもりなのか? とりあえず再開一発目に期待です
  1. 2024/02/22(木) 21:13:46 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurokonobasukeaonoao.blog.fc2.com/tb.php/781-b3b646ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)