FC2ブログ

ジャンプを斜めと正面から見るブログ

※連載陣についてあれこれに、破壊神マグちゃん追加。※週刊少年ジャンプの掲載順バレ・打ち切り戦線考察、掲載順データなどを取り上げてます。内容バレは取扱いません。

ジャンプ2013年14号感想

今回のアンケートはすんなり決まりました。









●べるぜバブ

よーーーーーやくぶん殴ってくれました。ある意味、それが全てって位にようやくモヤモヤが解けました。
那須は悪魔関連ではなく紋章使いだったんですね。そりゃあ強いし、べる坊と言うか悪魔について知っている訳です。

あと、赤星は大宮ジェットの主人公だったんですね。昔読んだ筈ですが、全く気付きませんでした。



●ONE PIECE

ローが完全に麦わらの一味のペースに乗せられています。ルフィ達と関わると、(シリアスキャラにとって)ロクな事になりません。
バギーはやはり七武海入りしていましたが、派遣組織って事は、あの時従えた海賊とも未だに上手い事やってんでしょうね。
そしてまさかの、メラメラの実…。しかしルフィは本当に飛び付くのか、そこの所よく分かりません。



●暗殺教室

勉強とスポーツは一流みたいですが、見下す対象に面と向かってゲスかったら真の一流とは言えんような。
野球大会っても、単純な能力を考えるとE組が劣るとはちーっとも思わない訳で。おまけに殺せんせー直伝の絡め手もあるでしょうから尚更に。
あとは、また理事長が妨害するでしょうからそれ如何ですかね。



●食戟のソーマ

せっかくの料理対決ですが、もうちょっと創真の料理に目新しさがあれば良かったかなと思います。
特にタレは2週も引っ張ったんですから、もっとアイディアがあるなり演出があるなりを期待したんですが、その辺は当てが外れた感じ。
最後のリアクション以外の良い意味での外連味が今までにはあっただけに、肩透かしは否めません。

まあ、最後が全部持っていきましたが。入る気無いのに入部させるとか、創真酷いw



●トリコ

実質的に睨み合いだけで終わり。ガッツリと戦い合う気なのか、なかなかジリジリした展開が続きます。
サニーの髪を切った鋏持ちがトミーロッドの新奥の手かと思いきや、量産してるって事は違うようで。しかし気持ち悪い。



●NARUTO

お互い一族として殺し合いをしながら、同じ思いを抱いている点はあり、しかし互いの名前は隠したまま。実に複雑。
少年漫画的に言えば両者は和解に向かってチャンチャンですが、未来では伝説の一騎打ちをやっている訳でして。結構気になる展開かも。



●黒子のバスケ

二人…?赤司は散々色々言われてきましたが、いよいよ謎が極まってきております。
まさか言葉通りな訳はありませんから、プレイスタイルなり秀徳戦で見せた極端さなりを比喩したと思いたい所。
そして、恐らく多くの人が待っていたであろう帝光過去話が来ました。このまま長編語りとなるのか、まだならないのか。



●目を見張るほどの未成年

ギャグですから当然として当たり外れはあるものの、以前までよりは笑わせ方を工夫してきていました。更にその工夫が、良い方向に向かっていると思います。
個人的には街角、職員室、系統が面白かったですが、複数本当たりを選べるのはギャグが成長、生き残る為に必須だと思うので今後が更に楽しみです。



●ワールドトリガー

三雲の腕が飛んだ時は結構キツい描写もやるんだなと思いましたが、そういうエネルギー的な物になって戦ってたんですね。なかなか便利な設定です。
さて、今回は最後のコマが全てだと、ある意味思います。
そもそもネイバーとして超常的な力の持ち主たる空閑がトリガーを手にすると、どうなるか。
展開の遅さが気になり続けていましたが、この引きはワクワク感を新たに引き出すに足る物だったと思います。



●ニセコイ

読み切りのキャラはこの神主なんだろうか…?此方もやはり、覚えていない…。
長めの話が終わって一呼吸、という事で定番の巫女バイトwith大晦日。楽の女難は半端では御座いません。
気になったのは、集はあくまでるりにはこういう態度なんでしょうか?あからさまな分、実に怪しい。
そして早くも年が明けましたが、このまま年を重ねるのか、はたまたサザエ時空なのか。



●恋するエジソン

スピカがただの便利キャラになってますね。顔がエジソンになるのを上手く生かす気は無いみたいですし、ただの記号。
2本目に至っては明らかにとっ散らかっていて、ショートギャグとしての纏まりすらありませんでした。早くも形式に行き詰まってる?



●ハイキュー!!

予想に反し、及川の読みはおおよそ当たっていたようです。此処で動揺してしまうのが、影山がまだまだ未熟という感じです。
続いて田中が狙われますが、この流れだとミスりそうなので怖いですね。このセットは取られそうと言いますか。
及川が研究を重ねてきてる分、今まで出てない選手の活躍で打破、がありそう。



●激辛カレー王子

うーん…、この手はどうしても受け付けません。せめて、全部カレー王子のギャグをを読みたかったかな。
せっかくの出張なんでそれなりのページ数で来るかと思いきや、すぐに終わり。あくまで普段通りなんでしょうが…いいんでしょうかね。



●斉木楠雄のΨ難

ゲルマニウムでテレパシーを失うとは、科学が超能力にどう作用するかは分かりませんね。
今回は「超人が凡人の生活を体験したら」みたいで、小市民的な斉木に笑えました。本来なら苦労じゃないのを苦労に感じる、まさに選ばれし者です。
それにしても、取り敢えず燃堂にしたがる辺り、如何に燃堂が斉木にとって脅威かが分かります。



●SKET DANCE

スイッチが頭良いのは今更、ヒメコが今の所駄目なのも予想の範囲。ボッスンが適当に決めた志望校はどこなのやら。
今回はスケットらしく依頼話…ダンテの歌詞依頼でしたが、よくもまあこんな話が浮かぶもんです。
ボケも唐突だしツッコミは的確だし、ヒメコの気持ちはよく分かると来た。ボッスンスイッチの暴走具合が、ヒメコによって如何にブレーキが掛けられてるかが伝わります。

それでいて最後はちゃんと綺麗に纏めるのが、まさにスケット。確かにありますよね、こんな歌詞。



●銀魂

真選組と見廻組と片栗虎が関わるからどんなドタバタかと思いきや、終始静かな感じに。
互いにボケ合いながらも最後はどちらも得しないお馴染みの展開ではありますが、読み返して気になったのが一つ。
土方に検死結果を聞かれた時にちゃんと答えてたら、一発解決だったような…。
つまり、本当に惜しかったのに片栗虎に誤魔化されてたんですね。…これじゃ勝負つく訳無い。



●BLEACH

育美さん、まさかの再登場。家と同様、いや死神云々を知らない分、家よりも帰り易い場所なのかも知れません。
一護母がクインシーなのは、まあ予想通りと言いますか、これ以外予想しようが無いと言いますか。
それがどうしてああなったのか…が、これから肝腎なのでしょう。次です次。



●めだかボックス

不可逆で自分を攻撃したのに攻撃された体は無事で言彦は消える、不可逆が言彦が消えた事でリセットされるのをスタイルと似た物扱い、と言ったそばからの死後のスタイル発動。
当初からげんなりする御都合満載ですが、散々チートスキルが出てきていたのに月が落ちてきたぐらいでめだかが特攻を決めなきゃならなくなる…何を言ってるんでしょうか。
ここ最近のブレ振りは余りに酷いです。終了時期でも宣告されたんでしょうか。



●こちら葛飾区亀有公園前派出所

最近は確かにカラオケ採点機能が脚光を浴びていますから、こういう客引きをする店が出てきそうなものです。
しかし中川や麗子で90点台取れないってのは、流石にハードルが高いかと。どうしても細工の疑いを拭えませんし。
最後は両さんがしっぺ返しを食らう、いつものオチでした。



●新米婦警キルコさん

いや、もうそりゃあ引かれるでしょうし、物珍しいでしょう。
しかし定番ネタだけに、もうちょっと面白おかしくして欲しかったです。どうにも、キルコが可愛そうという印象が先行してしまいます。
ありがちな展開としては署長がただ者じゃなく、キルコが派遣された理由もある、て所ですかね。



●HUNGRY JOKER

共同戦術自体には、かなりワクワク出来ました。科学者たるハイジらしい理に叶った合わせ技で、倒せるのもそりゃそうだと納得でしたし。
ただ、うーん、兄ってのは…。どうしても、どうしてもNARUTOがよぎって仕方ありません。
好きな作品なだけに、この先も楽しめるか大変に不安です。



●クロス・マネジ

テストは無事通過、蝶蘭との再戦もほぼ決まりと、着々と舞台は整ってますね。
最後に出て来たのは、十中八九茅原でしょう。しかし櫻井とどう関わるんでしょうかね。
変になれ合ってもおかしいですから、それなりの緊張感を保って欲しいです。










トリコの映画は…、アニメの出来からして、期待はし辛いです。
スポンサーサイト



  1. 2013/03/06(水) 23:26:53|
  2. ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<解説・ジャンプ2013年15号掲載順 | ホーム | ジャンプ2013年15号掲載順速報>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurokonobasukeaonoao.blog.fc2.com/tb.php/66-f4614d09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)