FC2ブログ

ジャンプを斜めと正面から見るブログ

※週刊少年ジャンプの掲載順バレ・打ち切り戦線考察、掲載順データなどを取り上げてます。内容バレは取扱いません。

解説・ジャンプ2013年6・7号掲載順

それでは、打ち切りの展望や諸々と照らし合わせながら掲載順を見ていきましょう。










●黒子のバスケ(巻頭オールカラー)
●ONE PIECE
●NARUTO
●暗殺教室
●ニセキュー!!(ニセコイ&ハイキュー!!コラボセンターカラー)
●トリコ
●ハイキュー!!
●ニセコイ(センターカラー)



●銀魂
(実は久々の一桁順位です。映画の仕事が立て込んでいて下がっていたのでしょうか?)



●斉木楠雄のΨ難
●BLEACH
●SKET DANCE
●氷上布武(センターカラー)



●食戟のソーマ
●べるぜバブ
●新米婦警キルコさん
●HUNGRY JOKER
(補正が続々と切れる新連載陣。こち亀の上やドベ6以上に踏みとどまれるならまだ希望はありますが…。
金未来優勝作品のジンクスが生きているか否かでも、短期の運命は変わってきそうです。)



●こちら葛飾区亀有公園前派出所



●クロガネ
●めだかボックス
●クロス・マネジ
●烈!!!伊達先パイ
(合併号だろうとワンセット状態は変わりませんね。
新連載陣が下に滑り込んでこない限り、遅かれ早かれ4つとも運命は同じです。
そのくらい、この作品達は悪い意味で頭一つ抜けてしまっています。)





8号
巻頭カラー/NARUTO
センターカラー/BLEACH、読み切りアルベリーとアワレな悪魔憑き(天野洋一)
(SQで連載を持った作者が帰還したのは、初めてのケースだったと思います。
編集の異動などもそうですが、ジャンプ本誌とSQの垣根は相当低いと見てしまって構わないでしょう。
同様の例としては、Vジャンプと最強ジャンプが挙げられますね。)
スポンサーサイト



  1. 2012/12/28(金) 01:39:22|
  2. ジャンプ掲載順解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジャンプ2013年6・7合併号感想 | ホーム | ジャンプ2013年6・7合併号掲載順速報>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurokonobasukeaonoao.blog.fc2.com/tb.php/42-692bd00e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)