FC2ブログ

ジャンプを斜めと正面から見るブログ

※連載陣についてあれこれ、NERU-武芸道行-を追加。2017年度連載作品の記事に個人的評を追加。※週刊少年ジャンプの掲載順バレ・打ち切り戦線考察、掲載順データなどを取り上げてます。内容バレは取扱いません。

ジャンプ2013年3号感想

ハンターは復帰するのか、しないのか…。










●ONE PIECE(巻頭カラー&表紙)

そう言えば誘拐目的だった事を、ルフィと同じく忘れていました。
取り敢えず同盟関係の情報がどこまで広がっていくか、シーザーの身柄はどちらが確保するかが気になります。
最終的に、海軍が身柄を確保する事になる…は流石に無いか。





●黒子のバスケ

小堀が意地を見せたり、連携が出たり、バスケとしての見所が沢山ありました。
そうなんですよね、練習で勝っても邪推の余地は幾らでもあるんですから、公式試合で勝たなければ意味が無い。
その点でで、再戦となった事に誠凛海常双方に意味があったなと思えました。
さあ後は火神の頑張りと、黄瀬が入ってきた後です。





●トリコ

小松を嫌うキャラが一人ぐらいいてもいい気はしますが、小松の特性の都合上難しいのかも知れませんね。
今のところ充分凄くはあるものの突飛な感じはしませんが、やはり調理で魅せてくれるんでしょう。





●斉木楠雄のΨ難

完全に狙った掲載順に笑ってしまいました。狙ったのが編集部なのか麻生なのかは、分かりませんが。
巻末の方の割に全作品用では無さそうなグッズが出ている辺り、連載期間はそれなりなのかな…?
斉木はジャンプを読んでると思っていたので、本誌卒業しているとは意外でした。





●NARUTO

あっさりし過ぎなので、死んでない気もします…NARUTOだから言い切れませんが。
それなりに出張っていたキャラの死?を淡々と描いたのは、多分狙ってたんでしょうが、何かスッキリしません。





●ニセコイ

いやあ、あんな形でも鶫にしては充分過ぎる頑張りだと思います。
遂に鶫も自覚らしきに至った訳ですが、同時に(このままなら)叶わない事も熟知しているでしょうから、何とも複雑な気分になります。
ポーラはこの先も出て来るんでしょうか?





●暗殺教室(センターカラー)

結構思い切った仕返しでした。
まあ正直、これぐらいされても仕方ない事してましたし、2人以外には損をさせずに事を運んでいましたが。

多数の生徒の明確な連携プレーは、これが初めてでしょうか?
それぞれのキャラの立ったいい仕返しだったと思います。





●食戟のソーマ

やっぱり不合格取り消しと相成りました。
総帥はひょっとして、創真が受験しに来た事を知っていたんでしょうかね?
でなければ、あれだけの舌を持つ孫娘の決定を覆しに来たりはしない気がします。

不遜な宣戦布告は、個人的にはかなり好きです。





●ハイキュー!!

伊達の強さがよく出ていた回でした。
そして相手の無知故に期待が持てる引きと、しっかり構成された内容となっていました。
惜しむらくはもう少し迫力とかが出ていれば良かったかな、と。
音駒戦はその辺がしっかりしていたと思います。





●BLEACH

卯ノ花さんの面目躍如は期待通りでしたが、まさか初代剣八…猛者だったとは意外や意外。
て事は、専門外である筈の回復であそこまで登り詰めた事になるのでしょうか?凄いですねえ。

剣八パワーアップフラグも願ったり叶ったりです。訳も分からない内に負けて終わりじゃ、剣八じゃないですから。





●烈!!!伊達先パイ

またしてもの定番ネタ、銭湯でした。
しかも金持ちの知り合いが奇怪な改造を施しているとか、かなりベタ。
ベタは別にいいんですが、もう少し伊達らしい持ち味が出ていれば良かったかも。
今回の話も捻りも、何か際立ったものは無かったように感じました。





●べるぜバブ(センターカラー)

えー…、というのが正直な感想です。
此処まできて殴り合いだわ、図ったような哀場登場だわで、始まる前に期待していた部分はかなりの肩透かしとなっております。
特に、あくまで石矢魔と聖石矢魔の祭である以上、他校生の哀場はいらなかったと思います。
神崎パー子ペアの健闘とか、あって良かったんですがね。今までの勝負がいきなり消化試合くさくなってしまいました。





●HUNGRY JOKER

展開がなかなか早いのは良いと思います。その分だけ不安は常に過ぎりますが。
エウレカは組み合わせる事で更なる(危険性と表現されていましたが)可能性を生むなど、興味深い一面も出て来ました。

そして早速の敵襲来ですから、その辺りを楽しみにしたい所です。





●SKET DANCE

まさかのタイムトラベル物、と思ったらスケットらしく「しょぼい」タイムトラベル物が始まりました。
短期間でああなる、はスケット団では結構ある気もするんですが、やはり何かの依頼絡みなんでしょうかね。
最終的にはやっぱりボッスンが痛い目を見て終了でしょうが、過程を如何に捻ってくるかに注目したいです。

しかしキャプテンも、よくそんな危ない物を持ち込んだものです。





●新米婦警キルコさん

今回のハルは何も悪い事はしていないように思いますが、日頃の行いのせいなんですかね?
この作品はそういう、イマイチ腑に落ちない運びが多いように思います。

で、立ち直らせたのは頑張ったハルではなく署長と、綺麗に纏めはしましたが何故そうなるのと言う感じ。
署長は別に今まで、そういう大人なや上司な立ち回りはしていませんでしたし。





●クロス・マネジ

恋愛と部活の両面を一挙に話に持ってきたのは良かったと思いましたが、展開はかなり強引の一言。
中原はラクロスにはあくまでシビア…と見せたいんでしょうが、あそこまで豊口を悪し様に言われては只の薄っぺらにしか見えません。
しかもその中原も気付かなかった特性に櫻井が気付くのも、かなり変な話。

恐らくやりたかった展開なんでしょうが、もうちょっとどうにか出来ただろうにと溜め息を禁じ得ませんでした。





●銀魂

結局意識を持っていかれたのか…。やっぱりギャグかと思った所への更なるシリアスへの切り返しに、イマイチ気持ちが付いていきません。
沖田が完全に乗っ取られるとは思いませんが、やはり銀さんとの対決は使い手の意識ありでやってほしかったのが本音です。
クサナギがどう折れた心を奮い立たせてくれるか次第で、このエピソード全体の出来が決まるように思います。





●クロガネ

嫌みな強さですね。しかし、期待に違わずらしい強さでもありました。
雲鶴の面子は他流との経験皆無な以上、朝霧は最悪の相手なんでしょうね。

士道が負けるのは余り見たくないので、中堅戦は引き分けを希望します。





●こちら葛飾区亀有公園前派出所

季節に則ったサンタ話。そこに檸檬が絡む事で、酸いも甘いも交わった形になっていたと思います。
こういう時は空き巣の自首のように、細部まで正しい流れやスッキリ感が生まれるオチになり易い気がします。
色々言われる超神田寿司ですが、こういう話をくれるので結構好きですね。





●めだかボックス

断言出来ますが、あんな太いネジには人間刺さりません。
それは横に置くにしても、球磨川に勝負とは違う明確な目的があったので、期待していたチートvsチートにはならずにあっさりとした決着が付いてしまい、かなり残念です。
また勝てないにしても、もう少し見せ方はあると思いますが。

あと、めだかが幾らピンチ顔を見せようが負ける要素が無い勝負はどうにも燃えません。













ジャンフェス行きたいなあ…。
スポンサーサイト



  1. 2012/12/17(月) 20:10:20|
  2. ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジャンプ2013年4・5合併号掲載順速報 | ホーム | オリコン色々>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurokonobasukeaonoao.blog.fc2.com/tb.php/35-0d9d91af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)