FC2ブログ

ジャンプを斜めと正面から見るブログ

※連載陣についてあれこれ、NERU-武芸道行-を追加。2017年度連載作品の記事に個人的評を追加。※週刊少年ジャンプの掲載順バレ・打ち切り戦線考察、掲載順データなどを取り上げてます。内容バレは取扱いません。

ジャンプ2013年1号感想

今週号と来週号にHUNTER×HUNTERの読み切りが載ります。
あと、カレー王子はスルーします。アンケートの表側にもありませんし。










●トリコ(巻頭カラー)

またしても、実質の料理人紹介だけで終わりました。

不穏な空気、美食会の影が無いならこれでもまあいいんですが、そういうのをやってきただけに少し物足りなかったかも。

そもそも小松はスイムで食材を穫れるんだろうか…。





●暗殺教室

やはりオーバーホールされてしまいましたね。しかし最後はちゃんと良い話で終わり、暗殺らしかったと思います。
あと、兵器として量産化するなら協調機能はあっても損では無いと思うんですがね。より商品としても優秀になりますし。

そう言えば、刺客はもう1人?1体?いるんですよね。来週出て来るんでしょうか。





●ONE PIECE

ローがスンゲー!!!!
要するに、実質その場で足踏みしていたヴェルゴと、前を見ていたローとの決定的な差が、この一瞬の決着に直結したって事でしょうか。

そして錦えもん、それ息子違う。だけどこの逆走が後々プラスに…てのがワンピースにはよくあるが、さてさて。





●HUNTER×HUNTERクラピカ追憶編(センターカラー)

来週にはぶっ壊されるんだよな、此処…。とか思いながら読んでいると、何かそわそわする読み切りでした。
肝心なのは来週とは言え、クラピカの喋り方のルーツなどが分かって面白かったです。

…でも来週叩き落とされるんですよね。





●黒子のバスケ

火神が非常にエースらしく、冷静でした。対して黄瀬は焦りから食ってかかってましたが、此方は笠松が冷静でした。
サラッと黄瀬の入部時が描かれていましたが、だから黄瀬は負ける以前も笠松にある程度従ってたのかと得心。
黒子もタダでは戻って来ないでしょう。

此処から時間は飛ぶのか、飛ばないのか。リコの不安は大体当たりますが、此方も気になります。





●NARUTO

忍連合が遂に集合しましたが、…八尾の尾獣玉を軽く弾いたのを見たら、来たからってどうにかなるようには思えないんですが。
となると、求められるのは時間稼ぎか突破口の発見までですね。あとは五影がどうなったかが気になりますが、来週ですかね。





●新米婦警キルコさん

今回はまだ良かったと思います。キルコの空回りと、役に立ちたい気持ちに対する報われがそれなりに描かれていましたし。
しかし翻って、ハルの駄目人間さはどうにかならないんでしょうか。正直、面白さに繋がってませんし。

最後に出てきたのはダブルバレットのキャラクターでしたっけね。





●斉木楠雄のΨ難(センターカラー)

珍しくメイン(今回は鳥束)が人助けをしたのに痛い目を見るという、勇者学に近い作風でした。
とは言え最初に鳥束の不届き具合を描いてましたし、本人はそれなりに報われてましたが。

で、犯人誰?斉木がとっちめてそうですが。





●BLEACH

あれは…グリムジョー?
生死不明とされていた以上は出て来るだろうと思っていましたが、何か結構馴染んでますね。
そしてフルブリングの面々も再登場(そういや死んだんだったら出て来れる)し、総力戦の様相を呈してきました。

そう言えば藍染が、霊王は胡散臭いみたいな言い方をしていたと記憶していますが、どんな奴なんでしょうね。





●SKET DANCE

ちと肩透かし。
錚々たる面々が揃っての体育祭ですから何週かに渡って描かれるのを期待しましたが…、1週だけですか。

写真から振り返るという手法は上手くいっていたし、笑えもしましたが、やはり残念な気持ちは消えませんね。





●ニセコイ

小野寺回でしたね。
楽と小野寺のすれ違いがベタながらもおかしく、あくまでポジティブに考える楽とネガティブになりがちな小野寺の良さが出ていたと思います。

しかし楽、何も言わずにリボンを触ったり必要に迫られてお姫様抱っこしたり、乙女心を誑かし過ぎです。





●HUNGRY JOKER

ネットで図らずもチラリと評判を見てしまったし少し構えてましたが、良かったと思いますよ。

よく考えなくても千歳は普通の大学生ですから、逃げますよね。
それを何の感情も表す事無く連れ戻しに来たのもハイジらしいですし、怒涛の流れから一旦落ち着く話として面白かったです。
んで、林檎を齧ってから話をしながら滑走路に家を運ぶとは、早くも自在に操ってますね。
次からはまたバトってくるでしょう。





●食戟のソーマ(センターカラー)

嫌みったらしいのがこれからも絡んでくるのかと思いきや、逃げちゃいました。
お嬢様が神の舌である事、性格、立場を端的に表せていたと思います。
食材が卵って事で読み切りの卵ご飯を持ってくるかと読んでいたら、ふりかけご飯という別の料理。単純に来週が楽しみです。

一つ気になったのは、幸平という珍しそうな名前に引っかからなかったって事は、親父は本当に知る人ぞ知る料理人だったんでしょうか?
それとも来週判明する王道パターンでしょうか?





●銀魂

沖田、鞘子に何してんだよwww
多少気になっていた銀さんvs沖田が、こんな形で実現するとは…。そしてクサナギは本当に鈍だったんですかね。

千兵衛がエクスカリバー星の…は外れてそうですが、本来こっちが本流でしょうから、此方と戦う為に銀さんvs沖田が中座となる予感はします。





●ハイキュー!!

当たり前ですが、あっさり勝ちました。ダラダラ描かれても困りますし、烏野の実力を鑑みればこんなものでしょう。
今回の主眼は勝者と敗者でしたが、作風らしく端的かつ爽やかに描かれていたと思います。ジャンプよりマガジンって感じでしたが、良かったです。





●べるぜバブ

少し楽しみな対戦でしたが、これまたあっさり。
あくまで古市と神崎がメインだったせいで、葵が言った「世界が終わる」の意味が相当にぼやけてしまっていました。
特に花澤は手際がかなり良かっただけに、さしすせそが分からない前半は何だったんだ状態に。
カップル要素も全然でしたし、正直組み合わせの期待感からするとイマイチでしたね。





●こちら葛飾区亀有公園前派出所

毎度恒例、商店街話。
昔の両さんが欲目を出して痛い目を見る話ではなく、近年の両さんが詳細を発揮しきる話でしたね。
比較的無難でしたが敢えて言えば、最初にデパートの例を挙げたんですから、もう少し商店街ならでは古さや独自さの部分で儲けを取って欲しかったです。




●クロス・マネジ

だーかーらー、何でとっととこういう話をしなかったのかと強く言いたいです。

櫻井がちゃんと全部員を見ていた事、豊口の強引ながらも人を惹き付ける面、両方がよく出ていて部活物としての良さも描けていたと思います。
それだけに、恋愛がどうとかをやる前にこれをすべきだったと強く思います。
こうやってラクロス部に櫻井が必要な所を見せてから、部活を抜けてしまうか否かを描けばよかったのに…。





●烈!!!伊達先パイ

メイドは票が取れるんだろうか…。
個人的にはネガティブ妄想があまりにも読み辛いので、面白いとは思えないキャラクターなんですが。

しかし、吹雪の中で暴走する喜多さんに追い付く愛さんは何気に凄いな。





●めだかボックス

えーと、やはりスタイルが何なのかサッパリ分かりません。
そしてめだかに通じれば会った事も無い言彦に通じると思い至るのも、サッパリ分かりません。
更に、例え共感、共鳴、共振のいずれかを満たすのが条件とすれば、乱神モードには効かなかったのと同じく守るべき半袖にすら攻撃をした言彦にも効きそうにないんですが。

不知火不知編に入って、ますます整合性無視や意味不明度が増している印象です。





●クロガネ

雲鶴の良さ…洗練された剣道は、先週見たかったですかね…。
比較的粗暴な所を見せていただけに、あるべき形なのに少し違和感を覚えてしまいました。

ただし盛り上げる所はちゃんと盛り上げてくれたので、純粋に対戦を楽しみにしたいと思います。

…最後の華となりそうですしね。















145ページを見て、改めて涙腺が刺激されたのは秘密です。更に巻末コメントで、別の意味で涙腺が刺激されたのも秘密です。
スポンサーサイト



  1. 2012/12/03(月) 16:04:08|
  2. ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジャンプ2013年2号掲載順速報 | ホーム | オリコン色々>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurokonobasukeaonoao.blog.fc2.com/tb.php/28-947fb6b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)