FC2ブログ

ジャンプを斜めと正面から見るブログ

※コメントは火曜日深夜に返します。※週刊少年ジャンプの掲載順バレ・打ち切り戦線考察、掲載順データなどを取り上げてます。内容バレは取扱いません。

連載陣についてあれこれ

此方は2020年33・34合併号時点更新の連載陣の『個人的』所感です。
連載陣が変わる度に更新するんで、コメントすると変な事になる恐れ有。
あくまでも個人の感想なので、
打ち切り予想には一切役に立ちません。





 
●ONE PIECE
ROMANCE DAWN以来好き。
かなり混沌としてきた。どこに着地する気なんだろう。オロチは死んでないだろな。

●HUNTER×HUNTER
基本的に好き。でもキャラの扱いが雑になりがち。

●ハイキュー!!
お疲れ様でした。
NEXTから最後まで追いかけましたが、最後まで駆け抜けました。終盤に至るまでピークが上がり続けたスポーツ漫画というのは稀有で、冗談抜きでスポーツ漫画史に残る傑作として完結したと強く思います。
特に大人になってから盛り上げるなんてのをやってのけたのは本当に凄い。高校編はバレーボールをやりたくなる作品でしたが、大人編はバレーボール選手になりたくなる作品になっていましたね。積み重ねが何一つ無駄になっていない、燦然と輝く金字塔です。
読まず嫌いしてる人は今すぐ最初から読もう。途中からとか勿体無い。

●僕のヒーローアカデミア
どんどん「いい展開」という実感が上書きされています。
絶望感が凄くて全く勝てる気も凌げる気もしないんだけどどうなるんだろ。

●ブラッククローバー
洋風ハイファンタジーが好みです。勢い重視、でも積み重ねもある。
佳境に入り始めるのかな?でも長そう。
単行本所有。

●ゆらぎ荘の幽奈さん
お疲れ様でした。
絶対的にリードがあるメインヒロインが居つつのお色気ハーレムチック物として、良い意味で好き勝手やっていたと思います。
幽奈さんメインで恋愛も縦軸も展開していてストーリー物としても楽しめたのは王道の様であり、近年ではやや珍しくもあり。幽霊のまま終わったのも割と変則的だった気もします。てっきり受肉すると思いきや、考えればコガラシだからその必要なく幸せになれるんですよね。お幸せにと素直に拍手出来る終盤~最終回でしたね。
あとはGIGAですか、見届けないと。

●約束のネバーランド
お疲れ様でした。
頭を使った子供らしい子供らしくない脱出劇からヒロイック冒険譚へと変わっていった感じですが、最初から最後まで楽しませていただきました。
終わり方も落ち着く所に落ち着いた気がします。万事無事ではなく代償はあったけれど、それでも幸せだろう未来へと向かうエンド。これからが気になる締め方だけど、エマノーマンレイならば良い方向へと進んでくれるでしょう。
2016年組の3つの中では一番「終わっちゃったなあ」と思いました。名残惜しいですし、もっと見ていたかったかな。後日談や番外は……あるのかないのか。

●ぼくたちは勉強ができない
楽しんでますが、あまり誰とくっつくかに関心はいかない。
マルチとは意外な方向に……全て見届けないと何とも言い難い。

●Dr.STONE
頭を使う度にワクワク出来る。対立は微妙な空気を生む事もあるけど、今度はどうか。

●アクタージュ
大河かあ。かなりの高い壁に見えるんだけど、ここで挫折されても変に躓かれても微妙なんだよなあ、どうなるやら。

●呪術廻戦
基本は淡々としている印象。虎杖が力を付けてきた事で話でも中心になりだしました。それにより周りも際立つ感じ。
この方が個人的には好みなので、今はかなり楽しみです。

●チェンソーマン
やっぱり合わない。好きなキャラを見付けられていないのが個人的には乗れない。
良いかもと思いかけるとあっさり振り払われる。

●夜桜さんちの大作戦
日本語としてのスパイの楽しきドタバタ。
空気が良い、キャラが良い、そのキャラが巻き起こす話が面白い。
でも既存キャラを掘り下げてほしい。
単行本所有。

●ミタマセキュ霊ティ
聖光霊破マンからミタマとハゼレナの役割が逆転したように思います。変なセキュ霊ティ側に振り回されるハゼレナ。これはこれで面白いけど。

●AGRAVITY BOYS
ちょーっと下ネタとクリスに頼り過ぎていませんかね。
もっと探索とか未知解明とかも頑張って欲しいんですが、偏りがここまで生じるとせっかく面白くても流石に口飽きてしまいます。

●アンデッドアンラック
面白い、面白いけど若干の遠慮を感じなくもない。異能力対決だしもっとドカーンとしていいんじゃなかろうか。

●マッシュル-MASHLE-
方向性が定まってきた印象。真面目にやって笑わせる所は笑わせて、が多分あってる。ただちょっぴりテンポが遅くなってるような。もう少し早い方が合ってそう。

●魔女の守人
ワクワクに欠けていたなってのが第一印象。若干の場当たり的なのがとっ散らかった感覚を与えていたってのがその次。
ただ後半の展開を見ても、一番描きたかったのはまさしく魔女と騎士だったと思うんですよ……あくまでも読んだ感じですが。最初からそこを全面的に出した方が面白かったのかも知れません。例えば2話か3話までは外に出ずに2人にスポットを集中させて描いてから、その2人(3人)の脱出劇や旅に興味を持たせるとか。
なんか凄く惜しかったなってのが、最後まで読んだ感想です。なんか勿体無い。

●森林王者モリキング
モリキングが徹底的に虫なのが良い。面白さの根幹は全てそこに掛かっていると思う。
それだけにものすんごく人を選ぶけど。

●ボーンコレクション
コメディに振ってる分には良い感じなんですが、やはりシリアス部分が気になる。そんな重い部分とキャラの振る舞いが噛み合ってない気が。

●タイムパラドクスゴーストライター
ここまで長ーーーーーーーい前振りでしたね。
全てはここからなんですが、どこまで付いていけるだろう。ここで更に篩に掛けられるとキツいけど、特に佐々木周りを挽回してくれるだろか。

●あやかしトライアングル
基本的には面白いんですよ。
妖と祓忍がいる世界をしっかりと土台とした上で、そこに上手い具合にバトルと恋愛とお色気とが乗っている。お色気が過度という程ではない塩梅の為、他の部分を壊していない。売りにすべき部分の足し引きがしっかりしています。
キャラも祭里、すず、シロガネがお互い持ち味は出しつつスポットが当たっていて蔑ろにされていない。流石のバランス感覚だと思います。
ただあくまでーも個人的意見なんですが、1話で格好良いバトルを見せてくれたから、より思っちゃうんですよね……久し振りに矢吹先生のバトル物を見たかったなあと。
ちゃんと格好良いんですよ、画面も煩くなく見易くてでも決める所は決めて、技も良い具合に心を擽ってくれて、やっぱりバトル上がりなだけに腕前が凄いし衰えてないんですよ。だから、見たかったなあ……。
男に戻れた方が色々展開出来るんじゃないかとかでも3話まで読むと女のままでもちゃんと少年漫画は描けそうだなとかもありますが、何より、バトル中心の作品、見たかったなあ……。

●破壊神マグちゃん
面白い方なんですが、何か一味足りない感じがします。
マグがあくまでも破壊神というスタンスも威厳も崩さず媚びず、だからこそ現状の情けなさ力の無さがギャップとして生きています。流々はそんな破壊神に負けず劣らず対抗出来る強かさ図太さを持ち、相方としてしっかり成立している。そこから生まれる漫才もいい味出しています。
だからこそよく分からないんですが、間違いなく一味足りないんですよ。何が足りないのかハッキリしませんが、読後感がちょっとあっさりし過ぎている。
非日常コメディとして及第点には達していますし箸休めとして最適、裏を返せば強みの弱さがあるのかも知れません。毎週楽しく読めるけどアンケまでは至れない感じ……何が足りないんだろう、勢い?大きな笑い?でもそういうのが有りすぎると強みが消えそうな気がしますし、難しい。
何か足せそうな気はするんですが、具体的に何を足せばより面白くなって良くなるのか。バランスが崩れないのか。言葉にするのが難しい微妙な感覚なのです。

●灼熱のニライカナイ
ちょっと長くなりますが、面白いんだけど齟齬がある。
基本的には楽しんでいます。鮫島は欠点が明確ながらも昔ながらの警察官をしていて、粗暴ながら変な嫌みは無い。オルフェはイルカな事を抜きにしても超然とした感じが鮫島と噛み合って人間味があり、その上にイルカが乗っかっているから面白味がある。チャコは子供子供していますが変わった感じも醸し出していて、良いアクセント良いキーになっています。
画面から南の島の空気は伝わってくるし、そのほのぼのが粗暴だイルカだをちゃんと受け止める舞台として成立している。ゆったりしているからこそバランスが取れている印象です。
ただ、1話と2話3話はそれぞれ面白かったんですが、何かそれぞれは違うんですよ。1話は南の島に飛ばされた昭和警察官がイルカな親と不思議な子供に出会った話で、あくまでも不思議は親子に留まっています。基本は南の警察もので物語で問題になるのは例えばいきなり銃を使うような点で世界観は日常の延長、そこに異物感のある親子や関わりのある教団が不思議を持ち込むのかなあと。
2話3話は教団や爆弾タコな不思議が普通に起きる南の島に来てしまった警察官が更に不思議な親子とやっていくだろう物語で、不思議が南の島全体にあるべきものとして存在しています。不思議が当然あってもおかしくない世界。銃を使うとかなんだか些細です。
違うんですよ、それぞれが。なので1話は1話でしっかり楽しんだ筈なのに、2話3話を読んだ後だとなんでこれが1話に無かったんだ?となってしまう。1話を読んで想像した日常警察に非日常な親子でなく、これからもそれ前提で進むんなら、よくある調子乗り若者じゃやく最初からタコやマンボウが相手で良かったんじゃないの?と。
せっかく良かった1話が、その後を読んだせいで何か微妙さが出てしまう。最初に巻頭で割いたページが半分無駄になってしまったようにも思えてしまいます。何でこんな構成に……次はどっち方向に話を進めるんだろという微妙な不安が。

●僕とロボコ
面白くなってるけど。
代原時代から知っていますが、その時は拒否感や不快感が勝っていてとても笑える作品に思えませんでした。それがお約束を経たからか、ちゃんと笑える作品に作り上げてるなあというのが正直な感想。相変わらずあの顔が好きみたいですけど。
可愛らしい愛らしい系の空気のオブラートに包みつつ傷付ける方向に関して気を使っているからか特有だった不快感が減って、素直に笑える部分が増えていたり細かいネタに目を届かせられるようになっています。前までだったらロボコはただただ無軌道に周りを振り回すだけになっていそうですが、根本的には役に立とうとしているのが伝わる為か珍妙な部分を面白い物として受け止められるんですよね。
ただ他の作品よりもパロディ部分が笑いにくかったりしてなんでだろと思いましたが、ドラえもんフォーマットにキテレツを足したような設定人物像の時点でオマージュ要素が強いのに、そこにパロディまで足されると個人的に微妙になってしまうんだなと思いました。ガチゴリラが微妙に良い奴だったりオマージュ部分はキチンと昇華されている分、パロディはアクセント程度で充分な気も。その為か、円がマッドとして顔まで変わるのは何故か素直に笑えませんでした。何のパロディか分からないけどパロディっぽく浮いていたから?だからか3話は全体的に微妙でした。
ただギャグだけに個人的好みの範疇な気もします、基本的にはちゃんと出来ていますし。





スポンサーサイト



  1. 2028/12/28(木) 00:00:01|
  2. 説明
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:77
<<連載陣感想置き場 | ホーム | アクタージュ打ち切り>>

コメント

主さんと、好きなのが ほぼ一緒で嬉しい!!

  1. 2015/05/27(水) 21:21:21 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

ちゃんと明確に批評できててさすがです!好きな漫画が結構あってて嬉しいです!
  1. 2015/05/27(水) 22:59:53 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

僕も今のジャンプだとワートリが一番好きで、コミックも揃えてます。後、カガミガミとブラクロもコミック買ってます
  1. 2015/07/02(木) 21:53:00 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

ものの歩は将棋を好きだかこそ納得がいかなかったです。
どんな天才でもあの説明だけで最後の詰め将棋が一発でとけるとはとうてい思えません。
途中で何度か失敗して説明されているのかもしれませんが、だとしたら漫画として説明が足りません。

さらのいうと『ここの人達は待ってくれる』というのは、奨励会員が初心者相手に将棋の普及を考えているということで”今回は”展開上理解できますが、本質的に将棋は相手を待つものではありません。
特に、奨励会ならばチェスクロを使うのが当たり前で、ある意味プロよりも命がけの戦いをしているのが奨励会員です。
逆にアマチュアでチェスクロを使っていない場合なら、一人で三〇分も考えていたら普通相手は怒ります。
やさしく待ってくれる環境でなければ生きられないというなら、この主人公には『つめ将棋の才能』はあったとしても『勝負師の才能』は全くないでしょう。
将棋の実力があったとしても、勝負師の才能がない人間が勝ち進めるほど三段リーグは甘くないです。
僕は三段リーグにすら上がれず、涙をながしている実際の元奨励会員を知っていますが、彼らは本当に命がけで将棋に挑み、敗れていっています。
高校生で初めて将棋を覚えてプロになるのは現行制度ではほぼ不可能です。奨励会に入ることすら難しい。
一応プロ編入試験という制度は出来ましたが、唯一の合格者瀬川さんは奨励会三段までいったうえで、社会人になってもアマチュアの大会で数々の結果を出している実力者です。ただのアマチュアではありません。

高校の部活の将棋で全国大会に優勝しようとかいうストーリーならともかく、プロになろうというストーリーなら小学生の段階からはじめるべきです。そうしない時点で作者は将棋界を嘗めています。
もっともジャンプで小学生主人公は地雷ですけど()
  1. 2015/09/17(木) 00:49:19 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

ご意見を有難う御座います。

まず「待つ」事については、「ここの連中」としか言っていませんから、壁に当たるのはこれからでしょう。
(実際に対局してみていきなり長考に沈んで切れ負けするなど)
そもそも詰め将棋しかしていませんし、プロを目指す発言については全員相当驚いていますから、作中世界観でも非常に突飛なものとして取り扱っていると思います。
何より「対局」については完全に未知数ですから、説明やら才能やら欠点やらまだ不明ですしね。

あと、奨励会や三段リーグの厳しさも困難さも実際突破出来るかも「漫画」です。
絶対不可能な事を可能にしてしまっては(状況や描かれ方次第ですが)いけませんが、「ほぼ」不可能を可能にしてしまうのは漫画の醍醐味だと思います。
現実的な範囲の天才を現実的な設定からしか出してはいけない、なんて事は無く、非現実的な範囲の天才を非現実的に近い設定から出す、なら別にいいでしょう。
漫画として面白く出来るか否かであり、嘗めてる嘗めてないの話では無いと思いますよ。
その辺は漫画の捉え方の違いでしょうから、こういう意見もあるよとだけ示しておきます。
実際それをやって面白いかは、漫画の出来次第ですが。

詰め将棋を解く場面はその一例になるのではないかと。
駒の働きと簡単なルールを聞いただけの主人公が、才能の片鱗を発揮して初心者には酷いレベルの詰め将棋を解いてしまう…。
まさにほぼ不可能の「ほぼ」を漫画として突破しちゃった訳ですが、これを面白いと思うか有り得ないと思うか、そこでアンケは大分決まるでしょう。

漫画としての説得力(ハッタリ力とも言えます)が多数の読者にとってあったならスタートダッシュは出来て、無かったら失敗…。
8週から10週後を待ちましょう。
  1. 2015/09/17(木) 13:24:06 |
  2. URL |
  3. 桐嶋 #kpJ1N7xQ
  4. [ 編集 ]

たくあんとバツ、何か物足りないと思っていたら理由がまさしくそれでした。あと三話目で登場したキャラが暗殺教室のイ○ナに似ていたのも正直ちょっと…。

その点を踏まえて改めて作者の師匠作たる銀魂を振り返るとやっぱり凄い。主人公を筆頭にキャラのほぼ全員が何かしら重い過去を抱えていながら、それを持ち出すのは然るべきとき、バカバカしい時はバカバカしく、ということが初期から非常に上手く描けていますよね。

…まあ、比べる相手が悪いんですけど。
  1. 2016/06/02(木) 12:31:58 |
  2. URL |
  3. ファルコム #-
  4. [ 編集 ]

約束のネバーランド
無鉄砲バカ主人公はバトル漫画ではよくありますが、エマちゃんは頭良い設定とこの無鉄砲無計画な性格がぶつかっている気がします。
あと、作者は衝撃の展開のつもりなのかもしれませんが、前話を読んでおおよそ予想したことが次回話されるって感じなので…どうなんでしょうか…少し厳しい気がします。
  1. 2016/08/31(水) 10:01:09 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

ゆらぎ荘の幽奈さん
>ヒロイン全員がワチャワチャしているのを描き切れている、とはちょっと言えないと思います。
描き切れてなかったら今頃ドベ入りしてると思うんですが。
ちゃんとヒロインズが受けてるから掲載順2番手を獲れたわけで。
>とらぶるとかニセコイみたいな、ニヤニヤ出来る感じが足りてなくて乗れない。
いちいち他と比較する必要ないんじゃないですかね?
ちなみに、とらぶるもニセコイも掲載順2番手は一切ありませんでした
大体ニセコイなんてニヤニヤどころかイライラするだけでしょうに(笑
比較するんならコガラシと楽の比較もしましょうよ。方々で散々(コガラシと比較して)楽がボロクソに言われてましたけどw
  1. 2016/09/12(月) 20:48:36 |
  2. URL |
  3. ゆうた #lbCgJZx2
  4. [ 編集 ]

>ゆうたさん
所詮は只の個人の感想ですからね……。
幾ら人気が出ていてもどうも自分は乗れない、というだけで、この現状はおかしい!なんて言う気は毛頭御座いません。
他作品の名前を出したのも、あのラブコメは楽しく読んでたなと挙げただけで他意は無いです。
あと、単行本は持っていませんが私はニセコイが好きでした。イライラもした覚えが無いので、そう言われても特に返しようがありません。

で、楽とコガラシの比較ですか……。
そもそも私は特にコガラシに不満は無いですよ、ゆらぎが良い方向に行っている主因の一つが、女子にゃ弱いがやる時決められるコガラシだと思っていますし。
楽は楽で、お人好しで等身大なのにイザとなったら頑張れる、恋には優柔不断な良い奴なので好きです。
頑張れる努力をしてやりきってみせるコガラシも、出来る事をやろうと突っ走る楽も、どちらも良いキャラですね。
  1. 2016/09/12(月) 22:29:40 |
  2. URL |
  3. 桐嶋 #-
  4. [ 編集 ]

自分もレッドスプライトが新連載ではいいと思うんだけど、4話以降はバトルをもっと丁寧に激しくやって欲しいなぁ。2話正直微妙だと思ったけど3話が良かった。
ネバーランドは進み遅いしスリルある展開や頭脳戦を早くやってかないと厳しい気がする。
それとノーマンとレイの役割の違いがイマイチかな。
ラブラッシュは2,3話は結構好きだったんだけど4話でこれからどう広げていくのか少し心配になった。

結構厳しめになってしまったけどどれも1回はアンケ3位以内にはいれてるので頑張ってもらいたい。
  1. 2016/09/15(木) 14:12:45 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

新連載は(ネバラン~レッドスプライト)はどれも面白いと思っていますが、打ち切りレース的にはネバランはもうキツイでしょうね。
なにより、レッドスプライトの主人公が一話前半でかなえてしまった孤児院からの脱出が、ネバランは未だに見えないというのがアンケ的には不利すぎます。

もちろん、ネバランとレッドスプライトでは描いているものも描きたいものも違うのですが、とはいえさすがにこれは……
作品の内容自体も『ジャンプで最初に物語を止めてしまうのは致命的』というかつて様々な『名作になり損なった短期打ち切り作品』が犯してきた愚を繰り返していると思います。
青年誌やジャンプ+のような打ち切られにくい場所なら、この原作者と作画家のコンビは上手くいくと思うのですが。

ラブラッシュはこの手の作品は僕は好きではないのですが、人気は出そうだなと思います。
たんなるハーレムモノになっていないのがいいですね。
結果としてこの作品がわずかに残っていたエロ好き読者の票を吸い取って、たくわんにとどめを刺したような気がしなくもありません。

レッドスプライトは今のところ本当に面白い。
是非とも、長期大量連載終了後(たぶん、トリコと銀魂も半年くらいで終わる)のジャンプをヒロアカやブラクロ、ハイキューとともに支えてほしい。
そのくらい期待しています。
  1. 2016/09/19(月) 21:22:36 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

只の個人の感想、というならば感想に対する感想があってもいいはずです
ゆらぎ荘は現状それぞれのヒロインのエピソードをきちんと描けてるから順位も良いのでしょうし、面白い作品だと私は思います。

>他作品の名前を出したのも、あのラブコメは楽しく読んでたなと挙げただけで他意は無いです。
まず、いちいち他作品と比べる事自体が失礼で野暮な行為だと思います
ニセコイもとらぶるのファンも他作品sageの為に名前を出されても大して嬉しくはないでしょう
比べるのも比べられるのも見ていて決して愉快な事ではないんですよ。

>イライラもした覚えが無いので
居眠りキムチや九州編など相当ボロクソに叩かれてましたけどねw
自分の好きなものに関しては甘めに目をつむる信者的な考えをお持ちの方なんですね。
まあ何が好きであろうとその方の勝手ではあるんですがw


ちなみにgoogleで楽で検索すると「カ。ス」「アンチ」「嫌い」等が出て来ますよ。
明らかに客観的に見ればダメな主人公で、客観的には評価にすら値しないでしょうね。
  1. 2016/10/09(日) 15:26:28 |
  2. URL |
  3. ゆうた #lbCgJZx2
  4. [ 編集 ]

トリコは今までダラダラやってきたせいか、殴り合いからのアカシア撃破が非常に早かった印象です。長期連載の締めということでやはり感慨深いものがありましたがさラストシーンは見開きかページをもっと贅沢に使っても良かったような気はしないでもないです。

銀魂はもう少し引っ張りそうです。最終章前まで丁寧にやってきた分、歌舞伎町の面々のそれぞれの想いを事細かに掘り下げていくスタイルでしょう。最後まで楽しく読んでいきたいです。
  1. 2016/10/25(火) 12:27:32 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

デモプラの一文が自分が思ったのと同じでした。
自分も読み終わった時、「終わってねーじゃん!」って思いっきりツッコミ入れちゃいましたので。
  1. 2017/02/28(火) 20:19:41 |
  2. URL |
  3. みねん #-
  4. [ 編集 ]

勉強について私見を。
ご感想の主人公が好感度高くて、ヒロイン二人が人間味が無いというのは、まさにこのマンガが狙っているところで、作者さんが長期連載を目指しているからこそです。
人間関係、特に『恋愛』は育てていくものです。序盤では相手の女性の情報をろくに知らず、しかも唯我くんにとっては『家族を食べさせていく』目的にとっては邪魔に近いので、訳がわからない相手なのは当然です(読者として主人公に共感できている証拠でもあります)。そこから、連載を続けていくなかで相手の弱いところ強いところ理想や夢を知って、好きになっていくのがラブコメです。
近年のライトノベルなどは、関係を育てる部分が面倒なのか、最初から一気に好感度が高くないと敬遠されがちですが、その部分を主人公の家族背景による好感や人魚姫で読者を引き付ける構造にしておき、メイン二人とゆっくり関係を築いていくのは上手い構成と思います。
親指姫の低身長にはツッコミをいれまくりましたが、クールな部分や白雪姫の毒舌など、才能に合わせたキャラ付けもされていると思います。毒舌については色んな意見がありますが、男性にとって不快な部分を全部削り取ったら『個性』が無い人形になってしまいます。
姫同士の間ではLINEグループを共有しながら、主人公は電気代もギリギリ=携帯電話が使えないとした(と思う)のも、現代に合わせつつタネを仕込めて上手いです。

いい加減自分がいい歳なのでニセコイほどに続くかまではわかりませんが、少なくともゆらぎを追い出し、腹ペコマリーよりも続くラブコメになると思います。
  1. 2017/03/16(木) 08:16:39 |
  2. URL |
  3. obake #-
  4. [ 編集 ]

人間関係について、ニセコイの最後はとても好きな終わり方でした(途中、読むのやめてましたが)。
高校生の楽という、高校までのコミュニティを経験し、家庭と家族と将来に悩む一人の『人格』が、本音で語り合い、悩みを共有したのは千棘の方でした。そのように育んだ関係は、狭い世界しか知らない時間と共に忘れられる幼い頃の愛の約束などよりはるかに価値のあるものですから。
唯我くんが、そんな関係を誰かと育てられるくらいに連載が続けばいいなと思います。
  1. 2017/03/16(木) 09:53:51 |
  2. URL |
  3. obake #-
  4. [ 編集 ]

青春ですが、ゼロイチは間違いなくダメな子なのですが、悪いことをした場合はその話の中でちゃんとごめんなさいをして、友達にありがとうとおめでとうが素直に言える、良い子なので、読んでいて不快感は生まれない良いキャラだと思います。
あとは、作者さんの笑いのセンスでの勝負ですが、他紙に比べて時代感覚が古めのジャンプ内では若い感性を持っていると思います。
  1. 2017/03/18(土) 09:55:12 |
  2. URL |
  3. obake #-
  4. [ 編集 ]

シューダンの感想書かへんの?
  1. 2017/06/29(木) 01:24:48 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

感想更新お疲れ様です。ただ、一行目が28号のままです。そのせいでしばらく更新に気づきませんでした。
  1. 2017/09/27(水) 07:08:14 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

>19さん
ご指摘有り難う御座います、修正しました。
  1. 2017/09/27(水) 07:12:54 |
  2. URL |
  3. 桐嶋 #-
  4. [ 編集 ]

随分感想が変わりましたね。やっぱり桐島さんでもシューダンは駄目と思いましたか…。

あと鬼滅の感想欄、展開が天海になっているような気がしますが。
  1. 2017/09/28(木) 09:30:34 |
  2. URL |
  3. ファルコム #-
  4. [ 編集 ]

>21さん
誤字指摘有り難う御座いました。
シューダンは読み進めるにつれて、という感じです。特に1話の試合の描き方と紙幅を割けるそれ以降の試合の描き方は違って然るべきで、ダンスでは違いを描けていたと思うんですがね。
  1. 2017/09/29(金) 02:48:00 |
  2. URL |
  3. 桐嶋 #-
  4. [ 編集 ]

シューダンの感想…管理人様もそう思いますか…

試合描写、どうにも部分部分の切り抜きばかりで全体が分からず、それに加えて試合中のフィールド等の背景を描いていないことも多いしで、何処で何やってるのかさっぱりで…ゴール前に来た時など、 あれ、いつの間にそんな所まで? と思いましたし…その上1話ならともかく話が進んでからもこれですし。ミニゲームを見ているようというのは非常に納得しました。盤面も結構重要なスポーツなのですが…

その上何故序盤から主人公(のはずの人)がフェードアウトするのですか…鴨志田と1対1やってたあたりしか印象が無いのですが…と。どうにもネット上の これが駄目ならジャンプでサッカーは駄目 という評判などに疑問が募ってしまいまして。ブラクロの例などもありますし、気にしないよう努めているつもりではあるのですが…愚痴のようになってしまいすみません。
  1. 2017/10/22(日) 20:33:46 |
  2. URL |
  3. kai #VQCbHlDs
  4. [ 編集 ]

管理人がかなり気を使ってるとはいえ、やっぱりアクタージュは辛口になっちゃうよね・・・
  1. 2018/02/09(金) 01:34:44 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

「アクタージュ」「やっぱり」というのは流石に面白いと思っている人に失礼では。辛口度合いでいったらU19クロアカのときよりはまだ良く書かれていると思いますし(U19クロアカを真っ向否定する訳じゃあないですが)、それなりに光るところはあるからこういう書き方をしてるんであって、気を使ってる訳じゃあないと思いますよ。
  1. 2018/02/10(土) 22:47:23 |
  2. URL |
  3. ファルコム #-
  4. [ 編集 ]

誰も指摘してなかったのでwikipediaでも確認しましたが、ワンピースの前身は「ROMANCE DAWN」ですね、綴り間違ってます…
  1. 2018/03/24(土) 15:54:18 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

直しました。
  1. 2018/03/25(日) 16:02:37 |
  2. URL |
  3. 桐嶋 #-
  4. [ 編集 ]

ジガ4話について、どのような事を感じたのか詳しくお聞きしたいです。
  1. 2018/04/11(水) 14:06:32 |
  2. URL |
  3. djkoh #-
  4. [ 編集 ]

>djkohさん
追記に更に追記しました。
  1. 2018/04/11(水) 18:55:25 |
  2. URL |
  3. 桐嶋 #-
  4. [ 編集 ]

久しぶりにコメントです。今回の新連載はどれも違う特色があって面白いかと。

呪術 パッと見の印象は地味な感じでした。作風と路線で大分読者を絞ったように見えます。序盤三話の内容だと厳しいかな、、と思ったのですが徐徐に他作品には無い独自の味を出し始めてきていますね。個人的には応援していますが、如何せん出だしが遅れたことや、決めゴマに欠けるところがあるのがアンケートにどう反映するのか、、鬼滅の例があるのでなんとも言えない印象です。

ノア 出だしは万全、決めゴマは勿論序盤の段階で作品の分かりやすいルートを提示したのは流石経験者だなあと感心しました。ただ作風上どうしても文字が多くなりすぎることが当初から気になる部分ではあったように感じます。こうなるとストーンのように学問分野の魅力を存分に伝えていくことが肝要だと思うのですが、バトルやアクションが早くも多いです。受け狙いなのか、路線がこうなのか。アンケート反映が楽しみです。

ジガ こういう怪獣漫画って最近(特にジャンプ)だと少なかったのでは。絵柄は分かりやすいがうまいわけではない、話も丁寧だが目新しくはなくやや遅めといった印象。Ⅰ~3話まで見た印象は頭一つ抜けたところはなかったです。しかしその次の四話にて唐突に話の流れを変えるような展開、そして五話ではまさかの急展開が起きてしまいました。巻いてるのかもしれないですが、ジャンプとしてはかなり珍しいことをやるなあと。果たしてどうなるか。
  1. 2018/04/16(月) 19:24:44 |
  2. URL |
  3. ファルコム #-
  4. [ 編集 ]

>> 刺さる人には刺さりそうですが。

アクタージュはここ数週間の展開は一部の百合好きに刺さってたっぽいですね、話よりそっち方面で盛り上がってるフシが。
  1. 2018/07/07(土) 10:49:07 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

ジャンプの特番から田中のジャンルはギャグらしいけど確かにジャンルが行方不明な感じはある
  1. 2018/07/10(火) 19:09:39 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

百合か…
腐もそうだが、作品をそういう目で見る人間が理解出来ない…
正確にはそういう漫画認定する連中が理解出来ない
そういう扱いして批判したいだけにしか見えない
そんな方面で誉めてたらアンチの自作自演というか…
  1. 2018/07/11(水) 14:15:51 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

ゆらぎの縦軸は幽奈の未練まわりと関係まわりがあるかなぁと個人的には思う。あとはほのめかされてるメインではないけどな要素かそれなりに
  1. 2018/10/02(火) 12:51:16 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

この記事を見始めてからもう三年くらいになりますが、ダビデの感想辛辣ですね、、こんな風に書くこともあるんだ、、
  1. 2018/10/03(水) 21:09:55 |
  2. URL |
  3. ファルコム #-
  4. [ 編集 ]

>>個人的な感想という意味すら分からない呪術信者を、呪術信者が止めてくれたらと思ってたんだが呪術信者は止めないのな…

まずここを見る人がほとんどいないと思うので止める人もいないんだと思います
私もここは初めて見ましたが上のコメント含め不快に感じたので管理人さんがもしここを見られることがありましたら削除をお願いします
消すかどうかの判断は管理人さんにお任せしますが…
  1. 2018/10/04(木) 20:29:43 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

どこか知らないところで戦っていた父親は仕方ないにしても、薊編までは最強格だった司を1週で撃破はないですよね…
一応、能力と出来た料理は描いてたけど調理過程とかすっ飛ばしだし酷かったです。
チェンソー使う相手は悪くなかったと思ったんですが、1週とはいえ完全アウト過ぎてキレそうになりました。
  1. 2019/02/07(木) 00:46:33 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

ソーマ、こんな感想になっても単行本所有と書かれててシュールさを感じましたw。ちなみに、今の展開(もっというとノワール編)の単行本も購入していますか?
また、これまで単行本を手放した事は無いと聞きましたが、持っているものを手放さずとも完結前に途中で集めるのをやめた作品は今までありましたか?
  1. 2019/03/22(金) 16:01:38 |
  2. URL |
  3. djkoh #-
  4. [ 編集 ]

>djkohさん
今も買っていますよ。
途中で止めたのは、小さい頃に最新刊だけ買ったのを除けばジャンプ作品では無いですね。ジャンプ以外でも2つだけ。
  1. 2019/03/24(日) 19:23:42 |
  2. URL |
  3. 桐嶋 #-
  4. [ 編集 ]

ソーマ、薊が再登場してからは悪くないと思いますが、最終回をどう受け取りましたか?
自分はえりなに本心で負けさせる決着を付けながら、ただ1人の女の為に作る事もやり、更にここが終着点ではなく未来は無限に広がっているという良い最終回だと思ったんですが、早バレで掲載順に載せたような感想を抱いた人もいるようですし。
つくづく、予選やタクミ達を試合に出さず城一郎や司の敗北を納得出来るように描いてくれていたら良かった、惜しかったと思います。いや、その二人は負けさせる必要無かったとも思いますが。
  1. 2019/06/18(火) 21:22:47 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

>ソーマ、薊が再登場してからは~さん
個人的には終わり良ければ全て良しにはなりきらなかったかなあと。
多少なりは本文に書きましたが、締めるならしっかりと締めて欲しかったです。完全な決着を必ず描く必要はありませんが、あれで終わるのは流石に尻切れトンボと言わざるを得ない。しかもGIGAで決着を描く訳でもありませんし。
まあ何より、この展開全部真夜中の料理人も朝陽も無しで進めて良かったんじゃないかなと言うのが強まりましたかね。薙切家の闇だけで充分だったんじゃね感。
司を倒す役はえりな、田所を倒すのはタクミでそのタクミを倒す創真。或いは田所もタクミも創真が倒して決勝戦。の方がスッキリ料理勝負を楽しめました。
真夜中の料理人たちがあまりに突拍子過ぎて、凄みが全然無かったせいもあるかも。
語ると長いのでこの辺で。
  1. 2019/06/19(水) 00:30:28 |
  2. URL |
  3. 桐嶋 #-
  4. [ 編集 ]

朝陽というか真夜中の料理人はガチで要らなかったですね。そもそも司も城一郎も越える必要なんて無かったですし。
えりなとの決着の方は別になくて良かったと思ってます。ソーマが料理を注ぎ込む相手を見つける事こそ最初から掲げていた作品のゴールでしょうから。
まあBLUE編の8割以上が蛇足で足を引っ張ってるのは確か。
  1. 2019/06/19(水) 01:38:44 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

蛇足な部分はアニメ化発表までの繋ぎだったのかな
  1. 2019/06/19(水) 01:53:10 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

>朝陽というか真夜中の~&蛇足な部分は~さん
別に今までの味方と基本的に軋轢なく(えりな除く)戦うで良かったんですがね。
掲載順が上がらなかったのがアンケ内容の証左だと思いますし、あそこまで中心に据えた割に作品のゴールとは結局結びつかない要素だった。
ただアニメの為では無かったと思いますよ、終わってもアニメ続編は出来ますし。
  1. 2019/06/20(木) 11:18:23 |
  2. URL |
  3. 桐嶋 #-
  4. [ 編集 ]

ソーマは皿出さないで終了がベストだったと思う
あのえりなとのやり取りで決着つけても何?決着付けないのに料理出されても何?ってな感じるだろうし
アサヒもえりながソーマ戦に絶望出す為に出したんだろうが他の真夜中の料理人とか出したり司をあっさり、城一郎に勝つ過程なんて全部飛ばした等の負が問題
  1. 2019/06/21(金) 19:51:16 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

あれ、もしかして単行本所持はこれでブラクロだけになりますか?
火ノ丸相撲は三名槍は1人以外ダイジェスト、国宝の大半もあっさり終了ばかり。と飛ばした感が強かったです。
正直、それなら部長戦はあんなに時間かけなくても良かったんじゃないかと思います。最後の刃皇より苦戦してましたし。
  1. 2019/07/28(日) 20:57:17 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

>あれ、もしかして単行本所持は~さん
最初に買いたい!と思わないとなかなか手が伸び辛くて。呪術は考えた事もありますが、結局買っていない。鬼滅は最初が未だに好きではなくて。そう考えると最後に買った新連載はロボなのか、長いなあ。
火ノ丸は本当に駆け足でしたねえ。部長戦はどうしてもしっかりやりたかったんだろなとは思います。
  1. 2019/07/28(日) 23:52:39 |
  2. URL |
  3. 桐嶋 #-
  4. [ 編集 ]

どっちかというと作品への感想になりそうだからこちらで。
ゆらぎはたぶん今年はもう終わることは意識してやってるだろうとは思う。特に長く子供化のやつやってたりと。ただ明確に終わるビションは考えずに置いていってる感じ。ラブ方面はなかなか進めないし
  1. 2019/08/26(月) 12:57:45 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

>どっちかというと~さん
充分予想の範囲です。
言われたら、危なくなったら、察したら。そんな所でしょうかね。
  1. 2019/08/28(水) 00:38:02 |
  2. URL |
  3. 桐嶋 #-
  4. [ 編集 ]

あまりこういうことを言うのはどうかなと思いましたが、どうしても気になるのでご質問をば。
疾うに連載が終わっている作品(今回でいえば食戟のソーマ・火ノ丸相撲・最後の西遊記の3つ)ですが、
いつまで一覧に乗せるつもりなのでしょうか?
さすがに長いなあと思っていたので。
  1. 2019/09/20(金) 02:59:21 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

>あまりこういうことを~さん
今日までです。
  1. 2019/09/20(金) 07:24:14 |
  2. URL |
  3. 桐嶋 #-
  4. [ 編集 ]

サムライ8ですが、管理人さんと同じように「わりと楽しめている」という肯定的なご意見、そこそこ漫画玄人な感じの方の意見としてちょいちょい聞くのですが…
この漫画を本当に楽しく読んでいますか?「ナルトの岸本先生なんだから面白いはず楽しいはず」という読み方になってませんか?それこそナルトの読者なら読んでくれる、などという作者の言葉通りになっていませんか?
  1. 2019/10/15(火) 21:00:24 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

>サムライ8ですが~さん
そんな読み方はしませんね、別に岸本先生とか考えもしない。基本全作品読んでいますから、ナルトの読者だからとかも関係ない。
実のところこれでもどんどん楽しめなくなってきてはいますが、それでもドベ陣の中では一番楽しめてますよ。
全作品好きな順に並べたらぶっちゃけ下の方ですが、色んな色々見てたらこれでも好意的な方なんだなと妙な気分です。嗜好が若干偏りつつ下限が低いのも多分あるかと。
  1. 2019/10/15(火) 21:43:18 |
  2. URL |
  3. 桐嶋 #-
  4. [ 編集 ]

これはなかなか難しい問題かと思います
私も同じように作品の感想を書いている人に対して、いかにも忌憚ない自分の感性100%の感想であるというようにしてはいますが、結果的にほぼほぼマジョリティの潮流に乗っとるやんといった具合に結局何らかのバイアス受けてるでしょアナタと言いたくなることがあります
特にその作品に対して最初の心証を述べた後にドベ落ちした場合、それを曲げなければ今更掌返しはダサいと思ってるから無理に通そうとしているんでしょ?と皮肉を言われ、曲げればドベという誌面の見てくれがアナタをそうさせているだけでそこに真実の自分の感性や意志などはないと煽られるといった具合です
ただし肯定した作品がドベになり否定した作品が軌道に乗ったとしても、好き嫌いや第一印象を可能な限り排除した「それは何故か?」という視点を持つこともやはり大事なのだと思います、何を言われようとも
  1. 2019/10/15(火) 23:57:52 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

>これはなかなか難しい~さん
自分の感想に正直って難しいんですかね。あと、掌は返せないと意味が無いと思います。これは感想にしても予想にしてもそうです。謎の意地はいらない。
ただ不思議なもので上にいる作品は良面が広がり、下にいる作品は粗が広がる傾向はあります。モチベーションが反映されるのだろうか?まあこれに則らない下の作品は反転出来たりするんですけど、その事例が少ない以上はそういうことかと。
それは何故か?はとても大事です。嫌な言い方をすれば良い物探しと悪い物探しですが、結論の出ない事だからこそ真剣にしないと。無理な時は無理ですが(私で言うロボとか)。
  1. 2019/10/16(水) 01:01:59 |
  2. URL |
  3. 桐嶋 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2019/10/16(水) 13:22:28 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

>管理人のみコメントの方
そういうのはどうしても勝てば官軍です。逆に言えば現状では全て綺麗に突き刺さる。
少しなら本当にそうなったかも知れないですが、今見えるリアクションを眺めると果たしてそれは少しだったのだろうかとなる。
そして現状が現状なので、そんな体裁はいらない。
  1. 2019/10/17(木) 04:20:04 |
  2. URL |
  3. 桐嶋 #-
  4. [ 編集 ]

バイアスとか言う人こそ、自分や他者が評価低いのだから皆低い評価のらはずとか言う個人の感覚を押し付けてるだけでしょう
必ずバイアス受けてるはずとか言う人こそ周りの意見やレッテルばかり気にして自分の気持ちを失ってないですか?
個人の感想はあくまでも個人の感想
  1. 2019/11/10(日) 13:49:04 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

ふたりの太星のギャグ自体が主人公の二重人格の上に成り立つものがあったので
  1. 2019/12/19(木) 12:26:25 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

マッシュルを読んでてもやもやしたのですが、理由が言葉になっててスッキリしました。

アンデットアンラックは、もちろん人によりますが、私は海苔がそんなに気にならないですね笑
テンポがよすぎるのでもし中堅以上になっても長くはないのかもしれませんが、私としてはぜひ打ちきりにならず突っ走ってほしいです。
  1. 2020/02/13(木) 13:45:30 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

大分批判的な感想になりますが……
アンデッドの海苔でシリアスではそういうギャグ的な描写やめてほしいなーと思ってたら、一部の描写どころか全体的にギャグシリアスどっちつかずなところがあるマッシュルをぶち込まれたので「oh......」ってなりました
なんかこう、いかにもな露悪的な奴の想像を、なめた態度の主人公が軽々超えていって、可愛いヒロインに気に入られる魔法学校ものってすごい最近量産されてる作品って感じがするんですよね……
そういう作品もべつに悪くはないとは思いますが、ジャンプでやっていく分にはどうなんでしょう?(現時点ではあまりいい評判は聞きませんが……)
  1. 2020/02/13(木) 17:48:08 |
  2. URL |
  3. 泡麦野郎 #-
  4. [ 編集 ]

今回、タイムパラドクスは所感書かないんですか?
3話見るまでって注意書きすらないのは珍しいので
  1. 2020/06/04(木) 19:51:36 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

>今回、タイムパラドクスは~さん
3話読了後に……は書いていたつもりでした。あれこれそのものについては、ぶっちゃけ言葉に表すのに難儀してます。
  1. 2020/06/04(木) 20:02:07 |
  2. URL |
  3. 桐嶋 #-
  4. [ 編集 ]

ぼく勉はルートが終わるたびに更新かと思ったらそうでもなかった
  1. 2020/06/11(木) 02:15:03 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

改編の都合とはいえ、前期の改編になる鬼滅の感想はそろそろ消えるのでしょうか…寂しい気がしますね…
  1. 2020/06/11(木) 10:09:02 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

>改編の都合とはいえ~さん
なんならもう少し残しますが。ただそこまで誉めてるとも言えない感想なので、惜しまれるとは。鬼滅の感想、なのが大事なのかも知れませんが。
  1. 2020/06/11(木) 16:23:48 |
  2. URL |
  3. 桐嶋 #-
  4. [ 編集 ]

【今年の連載陣】

ジップマン:ヒロアカの絵が似すぎ。バトルシーンでは他の連載陣よりも劣ってしまうところが欠点。ただ物語は打ち切りレベル程では無いが。
アグラ:2話から物語のテンポが悪くなってる。打ち切り候補は入るだろう。
アンデラ:不幸なヒロインと不死身の主人公の設定は良い感じ。主人公の極悪感が好き。ただ矢吹先生の新連載の影響で人気下落も侮れない。
マッシュル:ワンパンマン感あって面白い。ハリポタのパクリとか言ってるがそういう人に反論は言いますけども物語の特徴でもある筋肉と無関係過ぎる理由だと思います。
魔女:鬼滅の刃のパクリ、しっかりそのまんま過ぎて個人的に2020年代では最も酷い漫画だと思われます。
モリキング:青春よりも更に上手くなってる。上手くいけば女性に支持されそうくらい。ミタマ以来のギャグ漫画なので期待。
ボンコレ:コロナの影響でバクマン以来の合併号掲載となった作品。まだまだ展開自体はわからない。
タイパラ:バクマン以来の漫画家サクセスストーリーだが、残念ながらバクマン程は至ってない。
  1. 2020/06/14(日) 23:18:17 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

あやかしトライアングルはいかがですか?
  1. 2020/06/29(月) 10:39:01 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

流石にそろそろ終わった作品の感想は省いてほしい
  1. 2020/06/29(月) 18:55:21 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

>あやかしトライアングルはいかがですか?さん
こんな感じで。

>流石にそろそろ終わった作品のは~さん
あやかし追加のタイミングで手を入れました。鬼滅は要望もあったため次のタイミングまで残します。
  1. 2020/06/30(火) 17:39:57 |
  2. URL |
  3. 桐嶋 #-
  4. [ 編集 ]

破壊神マグちゃん3話終わってます
  1. 2020/07/11(土) 16:52:12 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

>破壊神マグちゃん3話終わってますさん
次号が出るまでには書かれるくらいでお待ち下さい。
  1. 2020/07/11(土) 19:32:09 |
  2. URL |
  3. 桐嶋 #-
  4. [ 編集 ]

以前、鬼滅の感想が消えるのが寂しいと申した者です。あれから時間も経って、過去になったことも受け入れられるようになってきましたので大丈夫です。…ただ、スクショは撮ってよろしいでしょうか?
  1. 2020/07/19(日) 15:53:46 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

>以前、鬼滅の感想が~さん
再来週一杯までは残しますので何なりと。そこまで人の行動は縛れません。転載するならまだしも。
  1. 2020/07/19(日) 18:34:22 |
  2. URL |
  3. 桐嶋 #-
  4. [ 編集 ]

先日の者ですが、個人保存用にスクショ頂きました。ありがとうございます。
  1. 2020/07/26(日) 20:29:13 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

ヒロアカのところ、ずっと前から最近は〜になってるの気になります。最近とは、、
  1. 2020/07/27(月) 20:22:52 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

>先日の者ですが~さん
かしこまりました。宣言しましたので期日までそのままにはします。

>ヒロアカのところ~さん
書き直しました。言いたい事はこれなので変えてませんでしたが、言われてみますと確かにおかしかったです。
  1. 2020/07/27(月) 21:55:30 |
  2. URL |
  3. 桐嶋 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurokonobasukeaonoao.blog.fc2.com/tb.php/213-22eea66d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)